FXのパターンには取引所取引というものがございます。日常的の外為企業と商売を行うものを「店頭取引」と言いますが、この取引においては取引所を通さないでビジネスのパートナーは外為取引(FX)会社になるのです。「取引所取引」という取引所は外為取引業者は仲介でありますので率直の商売相手は取引所ということになっています。その相違を今若干比較してみます。開口一番「店頭取引」の場面は預金しておるお金はFX業者に統括されているのです。片や「取引所取引」の場面、その資金は総額取引所に供託しなければいけないと義務づけられているのです。そうすることによって万一FX(外国為替証拠金取引)業者が倒産するというような事柄があっても、後者は、取引所によって資金は全金額防衛してもらうことになります。店頭取引の折はFX会社が束ねしているので、状況によっては業者ダウンの悪影響をに及び預託していた資金は防護されないかもという可能性があります。その上税金の面からも2つには基準に違いがございます。「店頭取引」では、変動利益やスワップポイントなどを雑所得として月給と加算して届出をせねばなりません。されど確定申告しないで大丈夫な機会もあるとの事ですので自己に共通するのかしないのかじっくり検証をお願いします。万が一あなたがサラリーマンで収入二千万円以下、給与の所得他収入が二十万円以下(いくつかの会社から給与所得が無いということ)という基準を守っているなら特別のケースという事で確定申告は不要でOKです。FX(外国為替証拠金取引)収益が20万円以上の際は確定申告をするようにして下さい。税金の度合いは手取りに反応して5〜40パーセントの六段階に組み分けされていて利益が高ければ高いほどtaxも高くなります。「取引所取引」については、利益があるのであればそれ以外の実収とは別として「申告分離課税」の対象となります。税金の率はすべて20%となるんですが、もしも損害が決まったのだったら「取引所取引」のメリットとして損失分を来年以降に先延ばしするということが可能です。上記から読んでも、「取引所取引」の方が安価なタックスになる時というのもありますので比較して研究していった方が良いと考えます。ことに不慣れな者の方は、ジャスダック株価の上がり下がりや円相場に常に注意して、利益やマイナス分に手に汗にぎる事により、税金を支払わなければならないという事柄を忘れてしまいがちなってしまうこともありがちです。損金は困ります。でも、稼ぎが多くなれば税金においても増えるので目を向けるのと実感をもつ事が大事ですね。