通常、任意保険というものは強制保険としての自賠責保険とは違い、自賠責保険だけではまかなえない補償をしてもらえる重要なより充実した保険です。これは任意の保険のポイントは自賠責保険の上級保険という意味合いで働きますので自賠責保険でまかなえる支払い限度額を超えた時に機能します。さらに自賠責保険には物的損害に対しては補償が受けられないので対物損害を補う時には任意保険にも入る必要があります。もう任意保険の保険料を納めている愛車を廃車にする際は、国産メーカーの車あるいはアメ車などことは例外なく残っている分が還付されます。これは日本の車を手放す場合でも同じことが言えます。自動車損害賠償責任保険の場合は、通常入ったままにしておくのが常識ですが任意保険というものは全員がかけるものではありませんので解約をすることになります。そして、任意保険を中途解約後は、支払っている返戻金が戻ってくることになります。愛車の売買が成立したとしてもすぐさま任意保険をキャンセルすることはリスキーです。勿論、すぐに解約するとそれだけ還付される保険料は上がりますが、もしも車店が離れた場所にあるため自分で持っていくということになった際は、任意保険に入っていない状態で車の運転をしなければなりません。リスクを考えて必ずもう自ら車の運転をすることはないと言い切れるまで任意保険の契約の解除の手続きはされないようにしましょう。中古車を処分し、すぐに新しい車種を購入するケースでしたら問題ないと思いますが仮に乗らない状況が続いて任意保険に加入している意味がなくなってしまったらこのように任意保険に入っていない期間があると前に継続していた保険の等級が下がるので、保険料の額が上がることがあります。このような場合であれば「中断証明書」を出してもらうようにしましょう。この「中断証明書」があれば10年までは解約前の等級を引き継いで加入することができるのです。これは13ヶ月以内は出してもらうことができますので、もしすでに愛車を売られていて「中断証明書」を発行していないのならば保険の提供元や保険代理店に中断証明書を発行していないことを伝えてください。もしもあなたがまた自動車を買うことになってそれから以前保有していたクルマを処分に出すのならば任意保険の加入は片方のみとなります。任意保険の更新という処理になるため運転をする予定のクルマならば買い取りまでには注意が必要です。それから任意保険という保険は自動車車両次第で料金が大きく違ってきますから、クルマ売却の際は任意保険の内容を検討してみるチャンスでもあります。