FXの魅力はたった一つの投資商品であるはずが資金投下の期間を短期スタンス・中期スタンス・長期スタンスという3つの期間からどの種類をセレクトするのかということにより、投入のやり方がまるっきり違ってくる点にあると言います。最初に外貨投資の「長期スタンス」を考えてみよう。長期スタンスは、一年以上の長期出資を基本にしているのです。為替レートで、一年以上も後々の為替レートは円高になっているだろうか、円安かを予測するのは、苦難でしょう。実際のところ「それほど後の情勢はわからない」となるのが本音だからです。予言もできないのに頭を悩ませて推測しようと努力したところで、それは無茶苦茶なことなのです。そのため、他の貨幣を買ったと仮定して、買った時の買いレートよりも円高だとしても、そのマイナス分はいつか戻ってくるはずだという軽い感覚でチャレンジすることが大事です。差益をがんばって上げるばかりでなく、別の方法での儲け要はスワップポイント(異なる通貨間の金利格差)を大きくするということを初めのターゲットにして出資しましょう。当然ですがちょっとの期間で為替変動の為の損が膨らんでしまうことがあります。そういう訳で差損でも大丈夫なよう、レバレッジを必要最小限でやり取りすることは肝心です。FXは損失が決まった範囲以上に増大すると、追加保証金(追い証)を払わなければならなくなったりあるいはストップロスを置くことになります。ストップロスになってしまったらそこでトレードをフィニッシュしなければならず長期投資をできなくなります。この種の危険を回避するには、レバレッジ(元の資産より大きなポジションを取る事)を2?3倍に設定して売り買いするのがベストです。次に中期スタンスのケースの売り買いに関してです。中期スタンスの場合は、一番長くても1?2ヶ月程度後々を想定しての売り買いであります。為替取引の場合は、1ヶ月先のことであればだいたい、想定できるでしょう。先進7カ国蔵相・中央銀行総裁会議(G7)などのような国際的な議会の議題や為替トレードで売買している人たちがいかなる事柄に注目しているのかを考えればそれなりに想定できると思います。経済の状況を見ながらもチャートを確認することによって為替の変動を理解する事ができ、トレードを見極めるといいでしょう。基本的に、ファンダメンタルズとテクニックの両方で良い感じでありまたは買いが一致している時はほとんどその様に動いていくと思って良いです。その時は保有高を増やしておく事で一層大きなリターンを期待できるのはほぼ確実です。最後は短期のスタンスの重要点です。この短期トレードとはすなわち日計り取引を意味しています。為替市場でデイトレーディングを行う時は経済の状況は絶対に関連がないと断言します。どうしてかというとあくる日の為替相場の動向に、経済の基礎的条件は関係がないからです。この場合ミソは注目される出来事がある時、それが影響して為替相場が大幅に動く機会を待ってトレードしましょう。例を挙げるとアメリカ合衆国で雇用の統計が公示されるないしは金融会議などによって制作金利が変化するといった出来事。こういったタイミングに変化を逃してはいけないという意味合いから、短期スタンスでは専門的な情報が必要となる。