どこにでもある初心者用のFXの情報では、「マイナスになったケースではナンピンを入れることによってポジションの平均を買い付けコストを抑える」等助言されていると思いますが現実的にはそれには相当の危険があります。ナンピンの仕組みについて手短に述べます。一例として1ドル100円でドルを買ったとする。$(ドル)買いだから、円安ドル高になるほど黒字を得られますが思っていたのとは逆に1ドル95円まで円高・ドル安に向ってしまったとします。このままポジションを保持し続けたらマイナスをなくすためには5円分、円安ドル高に動かなければなりません。みんな、損は早急に回復したいと願うでしょう。この状況を変えるためはじめにエントリーしたのと同じ量の$(ドル)を、1ドル95円で売買します。そうすると、ポジション全体の単価は97円50銭まで低くすることができる。要するに、2円50銭の幅でドル高が進行すれば、損を失くすことが出来ます。それが、ナンピン買いの理屈です。こういうふうに、ナンピンの仕組みをみると「ごもっとも」という風に思うが、マーケットは簡単には思った通りにはなりません。最初から、95円が下限だとということなど誰一人として分かるわけがありません。仮に、マーケットが相当のドル安の流れだとすると、1ドル95円ではとどまらずさらに一層円高に向う可能性は高いです。たとえば、1ドル=97.50円でナンピンを入れたにもかかわらず95円まで円高が速んだら、ナンピンした分についても、損が生じることになってしまうのである。この状況では、初めに持ったポジションと全部で二重の損失を被ります。例示したとおり、ナンピンはややこしいです。では、為替相場があなたの台本とは反対に素早く進んでしまった場合、いかなる対応でリスクをコントロールすればいいのでしょうか。この場合取れる選択肢は2つしかありません。ひとつめは執着しないで損失を確定する事です。もうひとつの選択肢としては今、自分か保持している買いポジションを縮小することで再び為替がリカバリするのをひたすら待つことだ。だいぶ消極的なやり方だと言う方もいると思います。だがしかし、自分の持っているポジションに損が生まれた場合効果のある対策はこれ以外にはありえません。確かに、理論上はナンピンをするという対策もありえます。しかしながらナンピン買いは、あなた自身が損失を披っている状態にもかかわらず、ポジションを小さくするどころか、それとは反対に買いポジションを積み重ねていく方法です。この考え方では、危機を避けることなど、どこをどうやっても不可能だ察するべきです。ナンピンを続けられれば最終的には勝てるかもしれない。けれども、それ以前にお金が足りなくなってしまいます。