外為市場としての外国為替証拠金取引(FX)を、解説してみましょう。外国為替証拠金取引というものは両国の金をやり取りすることによりそれらの差し引きした利益を獲得するという方法となります。このような二つの国のお金の間で出てくる利益をスワップ金利と呼びます。スワップ金利というのは、本来はスワップポイントというそうです。FX(外国為替証拠金取引)のスワップ金利(スワップポイント)とは、一日ごとにもらう事ができますがその日の為替の変わり方次第で違うのです。こういったスワップ金利(スワップポイント)を獲得することが目的で、外国為替証拠金取引(FX)の取引を行っている方もたくさんいます。スワップ金利は取引するFX業者ごとで違ってくるのでできるだけ利益が多い取引業者でやり取りしたいものですね。ただしスワップポイントは為替レートが変わってしまうと変化するので気をつけてください。もう一つ為替取引をするにはチャートを読む事が欠かす事ができなくなってきます。こうした図を読み取る事で、為替の動向を読み取る事が出来るようになると言います。外国の為替を初めてやる人が見ると、何のグラフですか?と難しく感じるでしょうがツボを知っておくことで図を理解する事が可能となるそうです。いつ頃から円が上がって来ている又は下がり始めているとか、最も円安だとこのチャートのおかげで判断が出来為替の取引をやるには役立つネタとなるのです。グラフは日本ではローソク足が使われており名前の通りローソクの形のチャートで表されています。このようなローソク足(陰陽足)では、高値や安値、また終値とか始値を表示されており図上で多様な形になって行くのです。