普通の初心者用のFX取引のテキストでは、「損失を被った状況ではナンピンすることでポジション全体の買い付けコストをコントロールする」等助言されている事もありますが正直に言うとナンピンには目に見えない罠があると思います。ピザ お取り寄せ

はじめに、ナンピン買いの手法に関して分かりやすく記述します。スポーツベット おすすめ

ひとつの例として1ドル=100円でドルを買ったとします。カイテキオリゴ ドラッグストア

$買いですので、円安ドル高になれば儲けが出ますが、1ドル=95円までドル安が進んでしまったとします。保湿とスキンケア

このまま保持し続けたとしたら、利益がでるためにはマイナス分円安ドル高が進まなければならない。

誰もがみんな、マイナスは早急に回復したいと考えます。

これを解決するためはじめに取引したのと同じ分の$(ドル)を1ドル95円で売買します。

これで、ポジション全体の平均の買い付け単価は1ドル=97.50円まで下げることができます要するに、2.50円の幅でドル高が進めば、損を回復できる。

それが、ナンピンの手法です。

このように、ナンピン買いの仕組みを理解すると、「その通り」と考えるがそう易々と上手くはいきません。

元々、95円より下がらないとは予想できません。

もし、外国為替市場がかなり強い円高ドル安トレンドだったら、1ドル=95円ではとどまらず更に一段のドル安にいく可能性があります。

たとえば、97.50円でナンピン買いをした時に、1ドル95円まで円高が速んだらナンピン買いしたポジションについても、差損が生じます。

こういう状態では初めに保有したポジションと全部で二重の損失が生まれる事になります。

この例のように、ナンピンは難しいです。

それなら、市場が自らのストーリー展開とは逆向きに素早く進んでしまった場合、どのような手段で危険性を管理すればいいのでしょうか。

こういう場合には選択する選択肢は2つだけあります。

最初のひとつは潔くあきらめて、損切りをする事です。

ふたつめは、その段階で、自分自身が保有しているポジションを縮小することによって、為替が回復するのをじっと待ち望む事だけです。

ちょっと受動的な手段だと思う方もいるkもしれません。

しかしながら、持っている買いポジションに損が生まれた時、有効な方法はこれ以上のものはありません。

勿論、理屈の上では、ナンピンをする方法もありえます。

けれどもナンピン買いは自分が損をしている場面にもかかわらず買いポジションを小さくするどころか遂に買いポジションを積み重ねていく方法です。

これでは、リスクを制御することなどどこをどうやっても不可能だと思ったほうがいいです。

ナンピン買いをしていけばやがては勝てるかもしれない。

だが、そうなる前に資金がショートしてしまいます。