車の「全損」とはその名の通り自動車のすべてが壊れてしまった状態で、要するに走行が出来ないという状況の自動車としての任務を満たせなくなった場合に用いられますが保険での(全損)は多少同義ではない内容が込められています。ヒアロモイスチャー

乗用車の保険では乗用車が壊れた状況で『全損と分損』の2種類に区分され、『分損』は修理のお金が保険金内でおさまる事を指しそれとは逆に「全損」とは修理の費用が保険額より高い場面を表します。ModeRobe(モードローブ)

修復で【全損】という場合車の心臓、エンジンに重大な被害が存在したり自動車の骨格が歪んでいたりして元に戻すことが難しい時再利用か廃車と結論付けられるのが普通です。ゴールドジャパン

しかしながら、自動車の事故で修理業者や車の保険屋さんが必要な修理のお金を計算した際に例え見かけがちゃんとしていて元に戻すことが可能である場面でも修理のお金が補償よりも高くてはそもそもなんで自動車保険に加入しているのか分からなくなってしまうでしょう。アロマキフィ

こういう場合では(全損)と決めて自家用車の所有権を車の保険の会社に譲り保険金を貰う仕組みなっています。優光泉

当たり前の事ながらかなりの時間運転したマイカーで未練があり自分で修復をしてでも使用したいと希望する人は多くいますので場面によって保険会社と相談するといいと思います。モリンガ美臭美人

そして、 自動車任意保険の種類に応じてこういうケースを想定して特約等の《全損》の時のための特約がある場合が存在し予期せず自分の車が《全損》なってしまっても新規購入などお金をある程度払ってくれる状況も存在したりします。ピュアナース

さらに盗まれた際の保険額の特約をつけるならば、盗まれた車が発見できない場合も(全損)と判断され、保険金が支払われる決まりになります。プロキュア

クリアネオ生サプリ