ショップで一切のクレジットカードが切れるのでもありません。メディプラスゲル 口コミ

▼クレカ会社の加入店は多くの場合、複数のクレジットカードのブランドに加盟していますが、残念ながら一軒一軒の契約店でどれものブランドのカードが切れるわけでもありません。ジッテプラス

つまり古いタイプの契約店舗の場合にはJCBのマークの付いているそのクレジットカードしか決済できない場合もあるし、最近できたお店ならばVISAやマスターカードといったマークの書いてあるクレカのみしか決済不可な場面もあるでしょう。今日会える

ダイナースカードに類するクレジットカードの場合増して決済できない場面が増えるはずです。マユライズ 口コミ

どのブランドの所有カードが使えるかをどこで判断するといいか「だったらどのような方法でどのような所有クレジットカードが使用できるかを見分けるといいか?」という質問ですが、確実に判断するとしたらお店の担当者に聞いてみるしかないというのが実は正しい答えです。エステファクト オールインワンジェル ブログ

ただ多くの店舗やショッピングセンターにはお店のエントランスのスペースに切れるカードのブランドが書かれた加盟シールがある理由から「そうなんだこの店はMasterCardが使えるのか」ということが迷わないようにされてるから心配しないようにしてください。車 ナンバープレート

とはいっても、細かく確認が出来ていないお店で切るときには、ロゴシールが貼り付けられている状況でも「現在ではご提示いただいたクレジットカードはお使いいただけません」等の案内をもらう場合もあり冷や汗をかいてしまう状況に出くわしかねません。

そこで、可能な限りはより多くのお店で有効であるようにしたいならば、別の印(国外ブランド)がはいった一般的なビザカードMasterCard、ライフカード、等のカードを2枚以上契約するようにしたほうがいいでしょう(例として:ニコスカードを契約しているならその次は銀聯カード付属のクレジットカードを財布に入れておくといった方法)。

特に海外に出ないなら、VISAカード、マスターカード、JCBカードの入ったクレカを常時持っておけばおおよそ日本全土の契約店でどれかしらのクレカを切ることが可能です。

クレカを使いこなして効率的に節約を目指すためには、万能に対応できるクレカを財布に忍ばせておいていただくことをお勧めします。