「スプレッド」とは外為は二国間の通貨を売り買いして利幅を得る投資です。ニコノン

買ったり売ったりの値は二十四時間上下しています。スチームクリーナー

それがレートです。http://kleotaxarchive.com

ニュースサイトを見ていると為替レートの情報が流れる状況があります。ポリピュア

よくあるのが「本の為替相場は1ドル=80円50銭から52銭で取引されています」という風にです。

これは80円50銭から80円52銭の幅の中で売買されているという事ではなくドルを買うときには80円52銭、売るときには80円50銭、であることを提示しています。

つまり、売買には買値と売値の両方の値段が存在するのです。

売値のことをBID(ビット)、買値のことをASK(アスク)と表示するFX業者もあったりします。

普段は売値が買値よりも安い価格に設定されるものです。

私達が買値は高く、売値は安くなるのが普通です。

その差をスプレッドといいFX業者の収入の一部になっています。

スプレッドの差は取引会社によって違います。

スプレッドの狭さは自分にとって出費になるので低いFX業者をセレクトしたほうが得です。

ただ、同じ取引会社でも局面によってはスプレッドは変わります。

例えば通常時は円とドルの通貨ペアでわずか1銭のスプレッドの狭さでも、為替の上下が大きいケースでは広くなったりするのです。

という訳で、スプレッドが小さいのと同じく、安定しているということが大事です。

決まったスプレッドの差を表示する業者もいくつも存在します。

現実に取引会社の売買画面で実際の為替レートを見なければ見分けられないのでやっかいですが、とても大事な事です。

重要な財産を預けて売り買いするのですから実際のエントリーの前に、魅力的に思えたFX業者の新規取引口座開設を全てして、提示されているスプレッドの幅を知っておきましょう。

同じ外貨でも、そのタイミングの為替相場の状態によって通貨のスプレッドの差は異なります。

たいがい、銀行間取引で取引量の多くて、流動性の高い外貨ではスプレッドの幅が狭く、それ以外のペアではスプレッドの広さが拡大するのが普通です。