自動車保険には任意保険および自賠責保険に代表される2個の種類が存在します。自賠責保険、任意保険ともに、もしものアクシデントなど遭った場合の補償に関するものですが、中身はやや異なっています。ふたつの保険を比較すると補償できる事象が違ってきます。※事故の相手へは自賠責保険、任意保険を用いて補償が可能です。※自分に関しては【任意保険】のみによって補償します。※自己の所有する財産に対しては<任意保険>で補償できます。自賠責保険のみでは自分の負傷またはマイカーに向けた補償などの支援は享受できません。また相手に対する支援ですが自賠責保険ならば亡くなった場合は上限3,000万円、障害が残った場合最高額で四千万円というように決まっています。ただし賠償額が前に挙げた値を上回ることは結構な頻度で起こり得ます。事故の相手の所有する車両あるいは家屋を破損してしまったとき、事故を起こした人の負担となるという決まりです。そういった負担は個人には荷が重すぎるため任意保険が必須になるのです。害を被った者に対する救いを重要視する任意保険にはしかしそれとは一線を画す補償が用意されています。※相手へは、死亡時またはケガだけでなく、車ないしは建築物といった様々な対象を賠償します。※自分自身に対しては、同伴していた人も加えて、死亡時またはケガを賠償するのです。※自己の財産においては、車を補償してくれます。こういった数々の面について万全であるということが任意保険における強みなのです。保険の掛け金の支払いは必須とならざるを得ませんが、事故を起こした時の相手のためにもマイカーに乗るなら任意保険に入っておいた方がよいでしょう。