車の損害保険には読者の方もご存知だとは思うのですが、通称「等級」という略称で知られる制度が存在します。

正式名称としてはノンフリート等級別料率制度という名で呼ばれ、掛金に多大に影響を与えているのです。

等級とは、クルマの損害保険への加入者の公明正大さを可能な限り保つことを主眼とするので、事故を発生させてしまう危険性または車の保険を用いられる確率が高ければ大きいと見込まれるほど月額の掛金が増加します。

逆に自動車事故を発生させてしまう可能性が低く、自動車の保険を使われるとはあまり考えられない方は優良加入者であると認定されることで、保険の掛金が低額になります。

安全に車を利用する利用者の人が優遇される決まりとなっているので、事故を発生させてしまいやすい保険利用者にはデメリットのある制度だといえます。

等級というシステムは、良い保険利用者と事故の確率がより大きい被保険者の保険の掛け金が同じ額だとアンフェアに思う被保険者が大多数であるためサービス提供側からしても損を減少させるためにどうあっても必要な制度だといえます。

そこで、等級という制度が詳細には一体どういった制度なのか簡単に概説しましょう。

初めに、等級の数には1等級より20等級まで設定され被保険者の等級が増加する毎に掛け金が値下げされる仕組みになっています。

また、1等級?3等級においては割り引かれずそれどころか値上がりしトラブルを起こし自動車保険を利用してしまうと三等級引き下がってしまい一層負担が大きい自動車の損害保険を払うことになってしまいます。

第三に、まったくはじめて自動車保険に申し込むケースにおいては六等級よりスタートとなり、そのときから自分の等級が減っていくのか高くなるのかは運転者の心がけ次第です。

ゆえに保険料金を安価にしたい方は、交通事故を引き起こさないように日々余裕を持った運転に気をつけるのが最も大事です。