中古車を売る際には場合によっては委任状が必要なことがよくあります。それでは委任状というものは何なのか、実際どのような場合に用いられるのかということを詳しく説明しましょう。

委任状とは委任状とは自動車の名義変更の際にオーナーがその場に同席できないときに、その立ち会いを誰かに任せるということを公式に記した文書です。要は、誰か他の人に頼んであるということをこの書類で証明するということです。委任状を必要とするケース委任状がなければならない場面は、クルマ査定のときに、対象の自動車の名義である当事者が立ち会えないケースです。中古車を買い取るイコール、名義を変えることを意味するのです。この手続きは前の持ち主、それに次期オーナーどちらも必要なのですがそれが手続きが進められないケースもあります。そこで当事者がその場に立ち会えないけれど、名義の変更をする必要に迫られた際は必ず委任状が必要になります。名義を変更する手続きを代理でやってもらう場合に必要になってくるということです。自動車買い取り業者や中古車ディーラーでは委任状は必須車買取専門業者やディーラーへの愛車買取というプロセスが、基本的な車の売却法です。そしてこうした買取先は、名義変更手続きを代わりにやってくれます。名義を変える手続きを代わりにやってくれるということで面倒な手間が省けるのですがその代わりに用いられるものが本人の委任状なのです。車買取業者や中古車ディーラーが用意した委任状へ捺印するという形が通常です。通常欠かせない書面名義変更に関する委任状は絶対に欠かせないとは限らないもののあなたが売った車の名義を変える手続きに立ち会うことができる人というのはかなり少ないと思います。まだ個人同士の取引で手続きに二人とも同席するということが難しくないのであれば問題ありませんが、そうでないケースのほうが圧倒的に多いです。ですので通常委任状の書類は買取のさいの必要不可欠な書類なのです。中古車売却と自動車リサイクル料についてあまり知られてはいないのですが、自動車には「自動車リサイクル料」という税金が課せられています。まず順番に説明しましょう。

自動車リサイクル料とは自動車リサイクル料は今から7年前に施行された自動車リサイクル法で定められています。車を無駄なく処分する為に、所有者が支払う義務のあるものです。自動車リサイクル料の料金リサイクル料は、クルマのメーカーや希少パーツの有無など自動車によって異なっています。一般的には一万円前後です。装備によってその額は上下しますが車検の時に自動車リサイクル料の料金を支払う場合売却時点での状態によります。自動車リサイクル料の支払方法自動車リサイクル法は今から7年前にできた法律です。ですから、曽於時点より後に新車で車を購入した場合はもう購入の時に支払済みです。さらに、その時点より前に購入されていても車検の際に納めるものになります。自動車リサイクル料をあらかじめ納付済みの自動車を中古車として買う場合は車の購入時にリサイクル料を納付する必要があります。要するに最終あなたが負担するということになっています。自動車リサイクル料の自動車買い取りの時の扱い車を手放すときには、支払済みの自動車リサイクル料は戻ってきます。というのは、リサイクル料が支払い義務の発生する時点での所有者に支払い責任があるということによります。ですので料金がもう納めている自動車でしたら支払い義務の発生する時点での持ち主が変更になりますから、売却時に支払済みの料金が返還されます。しかし廃車のときには返還されないので覚えておきましょう。