ようやく仕かける時という場合では何よりも事前調査を怠ってはならない。トレードを行う前であったら、相場を客観的に見ることができる余地があります。しかしながら、いっぺん相場の内側へ踏み込んでしまうとどうしても物の見方が主観的になり真っ当な見方がわからなくなる危険があります。それだけに自分の精神が論理的な時に、正しく準備をしておくことが大切です。この”j事前準備”のためには、己のシナリオを作成する事から開始します。今後の市場は上がる(または下がる)から豪ドルを売る(あるいは買う)というようなあなたなりのシナリオを立てていくのだ。次に大切なのはローソク足チャートをチェックする事です。過去の相場の上げ下げを見極めて、現時点での値動きを確認する。そうすれば、「今日は高い水準になっている」など、もしくは「もう大多数の売買しているからこれから先急にしかけても今さら手遅れだな」などと分かってきます。当たり前ですが取引するのが遅いと感じたならば、エントリーしないで、その場面では吹っ切ることが肝心。どう工夫しても物語を妥協しないで吹っ切らずに売買すると、市場に押し返されてむしろ損失を被ることになるリスクがあります。もっともかなりの場合では事前に準備しているあなたなりのストーリー展開を考えているとすれば、売り(または買い)が手遅れという状況にはなりません。たぶん、本格的に相場が動意づく前のはずだから。次は、あなた自身がとろうとしているポジションの推移をきちんと見る事が必要です。仮にドル高が進むと予想するシナリオを描いたのであれば、その外貨の動きに用心しておきます。マーケットの変動を注意を払い始めた場面ではまだまだ大きく変動する気配を見せず上がったり下がったり多少の変化をしているだけでしょう。ところが、その上下動をちゃんと確認しているとある状況で確実にドル高の方向へと推移し始めます。このタイミングでドルの新規注文を出すのだ。これだけ注意深く準備をやっておけば、その注文で儲ける割合は高まります。