カードを契約していると毎月、契約カード会社から利用明細書の案内があります。それら利用明細書をとっておけばどの店舗で何月何日に何にカード決済で何円使用したのかに類する詳細事項が一覧表になっているため、これまでクレジットカードを利用した一覧を見ることが簡単で実用的です。これをメインとするのは少し不便と感じるかもしれませんがまとめやすい収支記録っぽいものとして見ることも簡単なため管理の助けにもなると思います。カード利用明細書が届いてから一般的に半月後に請求額の引き落としが行われるわけです。だから届いたクレカ利用代金明細を確認してみて記憶にないリストもしも行ったこともない場所があったとしたらフリーダイヤル等に電話をして聞けば済むだけなんです。仮に盗用カードによる不正利用をはじめとする正当でない決済が見つかったようであってもクレカ使用者に落ち度がない限りは大多数の問題は加入カード会社がその類の決済を免除してくれます。ここ数年ではこの価値の高い利用代金明細をパソコン画面で一覧できるカードが非常に多いです。常にどこでいくらで購入したかをチェックしておくようにして不正利用から身を守ることができるし、おこづかい帳として使うアイディアもあり貯金管理等もこれで足りてしまいます(WEBページで使用履歴を確認OKな会社は過去の決済履歴やリボ払い適用の有無等が確認可能な場合が多です)。クレカはカード利用以外の観点からも大変助けになる手立てになっていると言えます。